空き家売却ナビ!お勧めの不動産一括査定は?

空き家を売却するとなると現状のまま売却するかもしくは更地にして売却する、またはまだ賃貸にするか悩んでいるなどいろいろなパターンがあると思います.。結論から言うと売却意思が決定したのならばすぐに行動に出る方が良いです。

まずは信頼できる不動産会社を探しその後にどのような形態で売却するか相談してもらうのが良いかと思います。まずは信頼できる空き家売却に強い不動産会社を探しましょう。ここでは空き家売却に強い不動産会社の探し方を紹介します!

\今すぐチェックする!/

超大手不動産6社から空き家査定

業界最大手の三井/三菱/住友/東急/野村/小田急の6社から査定が受けられる。大手の不動産会社に依頼したい方はコチラ!

信頼と実績ナンバー1の一括査定サイト

NTTデータグループが運営なので安心!たったの60秒入力。完全無料の一括査定。どこの不動産に依頼するか迷ったら先ずはコチラ!

空き家を売却するならまずは査定を出してみる!

空き家を売却するとなっても解体し更地にして売るのか現状のまま売るのか、それともリフォームしてから売るのか色々パターンがあります。ポイントは現在のあなたの所有する空き家の価値です。

立地条件や建物のメンテナンス状態により、どの手段で売却するのが良いか売却様態が変わってきます。まずはあなたの空き家物件にどれくらい価値があるのか調べるところから始めれるのが良いでしょう。

不動産一括査定が便利!

空き家の売却実績のある不動産会社は意外と少ないのが現状です。空き家を売却するなら空き家に強い不動産会社に依頼するのが鉄則です。その後不動産会社にどのような形態で売却するのが良いのか相談に乗ってもらうことがお勧めです。

そこで便利なのが不動産一括査定です。数分程度の入力で複数社に一括査定できますのでとても便利!手間も時間も労力もかけずに空き家に強い売却を見つけることが可能です。

このサービスめちゃめちゃ便利な上効率的ですよね!一括査定を利用して多くの方が空き地を売却していますそこで空き家を見つけるのに特にオススメな不動産一括査定を紹介します。

 

空き家に強い不動産会社探しに便利な不動産一括査定

空き家にお勧めの不動産一括査定

  • ホーム4U

    2001年からNTTデータグループが運営している日本で最初に一括査定を始めた会社です。信用力・実績・総合力は一括査定トップクラス!それに業界一厳しい審査をしているので悪徳業者をしっかり排除!安心感も抜群!

    評価
    提携不動産数1300社
    同時依頼数6社

    ①日本で1番最初の一括査定 ②運営元がNTTデータグループなので安心 ③悪徳業者を徹底排除! ④買取査定もOK

  • すまいバリュー

    最大手の不動産会社6社による圧倒的な査定が強み!大手の安心感と売却力を求めるのならスマイバリューがお得です。特に都心での売却が得意です。

    評価
    提携不動産数6社
    同時依頼数6社

    ①業界最大手6社に査定できる ②適切なアドバイスがもらえる ③情報収集力はNo.1 ④三井・住友・東急に査定可能

  • マンションナビ

    マンションナビは月間の査定依頼数が1500件を超えるマンション査定に特化した人気の不動産一括査定会社です。また賃貸査定もしており、売却か賃貸かで迷ってるなら同時に査定依頼できます。

    評価
    提携不動産数900社
    同時依頼数9社

    ①マンションに特化している ②売買・買取・賃貸の査定OK ③大手の不動産会社も多数登録 ④最大9社に査定可能

空き家売却にホーム4Uが良い理由

数ある不動産一括査定の中でも空き家を売却するならホーム4Uがお勧めです。その理由は以下のとおりです。

空き家を売却するのは一般の住宅を売却するよりノウハウが必要になります。解体して更地にするのか、リフォームをするかDIY賃貸にするなど選択肢が多いです。ホーム4Uは一括査定で1番長く運営している会社ですのでノウハウがたくさん蓄えられています。またホーム4Uは土地活用も得意としています。空き家売却を一括査定をするのならホーム4Uがお勧めです。

 

空き家を売却する3つのパターン

空き家を売却するなら以下の3つのパターンに分かれます。それぞれメリットとデメリットを見ていきましょう。

・リフォームをして売却
・現状のまま売却
・建物を解体して更地にして売却

現状のまま売却
時間と手間をかけたくない方にオススメ

メリット
手間や余計なお金がかからない
買い手が見つかればすぐ売れる
デメリット
あまりにも汚いと売れない
値段が安くなりがち

 

リフォームをして売却
人気エリアや駅前など比較的入居しやすい物件で行うと効果的

メリット
・高値で売却できる
・売却だけでなく賃貸も可能となる
デメリット
・リフォーム代金がかかる
・リフォームしたからといって売れるとは限らない

 

建物を解体して更地にして売却
ボロボロな家の場合

メリット
・「古家付土地」より高く売却できる
・買い手が見つかりやすい
デメリット
・解体費用がかかる
・解体して売れ残ったら固定資産税の支払いが増える
・信頼できる解体業者の見極めが必要になる

 

上記の3つのパターンで分けるとそれぞれ自分の置かれた状況や懐事情、タイミングなどを考慮してよく家族と話し合い不動産会社に相談してみて下さい。

これらは売却に関して大きな戦略の1つです。細かい事は修正できますがこのような戦略に関しては途中で変更することが難しいです。いろいろな要素が絡んできますので一旦整理してみましょう※一度決めたら後戻りは難しい。しかし何も決めなければお金がどんどん減っていきます。

ここでは空き家を売却する3つのパターンを紹介しましたけどやはりプロの不動産会社に相談に乗ってもらうのが1番だと思います。先ずは空き家の査定を依頼して現状の価値を知ってから相談に乗ってもらいましょう。
→一括査定はココから

 

空き家バンクとは

「空き家バンク」とは、主に市町村の地方公共団体が主体となって空き家を活用するために、賃貸・売却を斡旋する制度です。

空き家の所有者と利用希望者のマッチングをする仕組みです。

管理人

 

空き家バンクは誰でも登録することができ、空き家バンクを見て興味を持った方があなたの空き家を買ってくれます。ポイントは買主から見ると通常より安く購入することが可能です。売主からしてみると幅広く買主を探すことができます。それに不動産会社を通さなくて良いので仲介手数料がかからず売却できます。

空き家バンクのメリットとデメリット

メリット
・より幅広い人に売却活動ができる
・空き家バンク利用者に向けて用意している補助金や支援制度を利用できる。
・行政が取り仕切っているので利用するのに安心
・地域活性化に貢献できる
・現状がひどい物件でも現状売りできる
デメリット
・通常売却より金額が安くなりやすい
・空き家所有者が自ら物件を登録しなくちゃいけない
・現地見学や契約に係る手続きなどは原則として当人同士で行わなくてはならない。
・買主と直接交渉しなくてはならない

空き家バンクを利用している事自体は現在ではとてもよくあります。しかし現状はまだ売買実績は数件程度のところが多いです。
不動産会社に仲介するより安い金額になりがちですが幅広く物件を売却すると言う意味でも空き家バンクに登録しておくのも良い手段です。

空き家は今後売れなくなる?

現在全国の地価価格平均は下止まりして都心部では上昇していますが、実は全国のほとんどの地域ではバブルの崩壊以降ずっと下落が続いています。全国の約1800の市区町村中1500市町村は下落し続けてるのが現状です。日本はすでに人口減少社会に立つ使用しており、毎年70万人づつ減っていくとされてます。70万人と言えば政令指定都市の静岡市と同じ規模です。
その規模の街が消失していくとなると地下価格もかなり下落します。また空き家率13%を超え約1000万戸が空き家となってます。

そんな人口減少、空き家率上昇の社会でありながら新築住居ラッシュは続いています。よっぽどの人気エリアの駅前物件以外は大幅な下落になる可能性が高いと私は思ってます。さらに言ってしまえば売れるだけマシで、売りたくても売れない時代が迫ってきてます。空き家は維持費や税金等、住んでなくてもかなりのお金が費やされます。要らないと言って寄付することもできないのが現状です。空き家は今後住む予定が無いのであれば今すぐ売却するのがオススメです。

 

空き家の不動産一括査定の流れ

不動産一括査定の手順はとっても簡単です!査定依頼は数分で終わります。公式サイトを見ると登録は60秒と書いてありますけどさすがに60秒は厳しいと思いますが…。しかし5分もあれば誰でも簡単にできます。

一括査定で査定依頼すると3日以内に殆どの会社から簡易査定の結果が分かります。そこで比較し気になる不動産会社、2,3社ピックアップし訪問査定を依頼しましょう。その後訪問査定をうけ信頼できる不動産会社が見つかりましたら専任媒介契約を結ぶ流れです。

管理人

 

空き家を維持するのにかかる費用

空き家は予想以上にコストがかかります。空き家対策特別措置法の施行により自治体に指定空き家に認定されると今まであった税金の軽減措置がなくなり固定資産税が最大6倍になります。同様に都市計画税も最大3倍になります。(※土地が建物の敷地になっている場合、住宅1戸につき敷地200㎡まで)

一般媒介契約と専任媒介契約

多くの方が一般媒介で契約するか専任媒介で契約するか迷うところです。当サイトの説明は基本的には専任契約がお勧めです。特に空き家に関しては売却するのが難しい傾向ですので3人で依頼してしっかりと売却活動をしてもらいましょう。

売却活動をしなくても売れるような人気空き家物件なら囲い込みの心配がない一般契約で大丈夫でしょう。しかしすぐに売れるような人気空き家物件以外は専任媒介契約でしっかり売却活動してもらうのがお勧めです。

管理人

 

不動産一括査定のメリットとデメリット

良い事ばかりの不動産一括査定でも悪い点もあるのが事実です。利用する前に良い点悪い点をしっかり把握しておき納得してから利用しましょう。

 

デメリットの補足
営業電話が嫌ならば申し込み備考欄に電話NGと記載しておくことで電話はかかってこなくなりますよ。

管理人

 

空き家売却の流れ

空き家売却は1週間や2週間で終わるものではありません。順調にいっても3ヶ月で売却できればかなり良い方です。空き家の場合は半年から1年はかかると思って下さい
空き家の場合特に売れ残りリスクもあり何年も書いてがつかない物件も多数あります。
この長期間の売却活動はそれぞれ段階がありますので自分が今どの段階にいるのか把握しておくことはとても重要です。ここでは空き家売却の全体像を把握しておきましょう。

1番のポイントは不動産会社の選び方です。売却がうまく行くか行かないかはこの不動産会社選びで決まると言っても過言ではありません。空き家売却に強い不動産会社を探しましょう。

管理人

 

売却にかかる費用

空き家を売却するのにもいろいろとお金がかかります。ここでは不動産売却における費用について紹介します。

その他建物を解体する場合は解体日(100万〜200万)

ポイント
仲介手数料のこれらの金額はあくまでも上限値です。値引きをすれば対応してくれることもありますが基本的不動産会社の利益はこの仲介手数料のみですので基本的に値引きは無いものだと思っていいでしょう。
例えば1000万円売却した場合ですと仲介手数料は1036万円となります。

管理人

不動産会社の選び方

不動産会社は小さい会社も含めればびっくりするくらいらあります。日本全国には12万社以上あり、全国に展開しているコンビニの2倍の数です。
その中で信頼できる知り合いの不動産会社がいない場合は自分で探す事になります。
しかしただ闇雲に探すのは効率が悪いだけではなく悪徳業者に引っかかってしまうリスクもあります。以下の不動産会社の選び方を参考に探してみてください。

  • 売却が得意な業者
  • 営業マンの質が高い業者
  • レスポンスが早い業者
  • 物件から近い業者
ポイント
空き家を売却するなら過去に空き家を売却したことのある不動産会社に依頼するのがポイント。あって見て怪しければ断る

 

なぜ査定額が各社バラバラになるの?

査定額を出す場合多くの不動産会社は同じ情報源をもとに査定額を導き出していますので基本的それほど査定額に差は出ないはずです。
(※価格査定マニュアルまたはレインズ)

しかし不動産会社はそれぞれ考え方も査定額に考慮されます。例えば、不動産会社ごとに強みはありますので、この物件ならこの金額まで出しても売れるであろうなど差が出てきます。

空き家を売却した人の口コミ

納得の価格で空き家を売却することができた♪

兄弟で実家を相続しました。それぞれ独立しており誰も住む予定がなかったので話し合いの結果実家を売却することになりました。10ヵ月以内に売却しないと相続税がかかるとのことで急いでいたところ不動産一括査定が便利とのことで早速依頼しました。関東の郊外の田舎町でしたがちゃんと不動産会社が5社ピックアップされました。築30年経過している家でしたが庭も広いこともあり納得の価格で売却できて凄く良かったです。

 

すぐに売却できた!

空き家を放置すると所得税が最大6倍になると聞き放置していた空き家を売却することにしました。長年放置していたため建物の老朽化が進みとても人が住める状態ではなかったので不動産会社と相談した結果建物を解体して更地で売却する運びになりました。新地にした理由は人気の住宅街とのことで更地にすればすぐ売れるとアドバイスされたからです。維持費や税金等、費用ばかりかかっていた空き家が素敵なお小遣いになりました。やはり先延ばしと言うのは良くないですね。使わない空き家はすぐに売った方が良いかと思います。

良い不動産会社が見つかった!

実家を相続し3年経つ家を持ってました。なんだかんだで毎年、固定資産税、都市計画税、公共料金などで20万円もの出費がかかっていたので思い切って有効活用しようかと思い、リガイドという不動産一括査定を利用してみました。なぜこの一括査定を利用したかと言うと賃貸と売買の査定を同時に依頼することができるからです。査定の結果賃料も思ったほど高くなく、リフォームが必要な上入居する保証もなかったので手間のかからない売却を選びました。良いアドバイスをくれる不動産会社が見つかりとてもよかったです。
すごく便利!

空き家をそろそろ売却しようかと思い悩んでいたところ不動産一括査定と言う便利なサービスを知りしかも無料とのことなので利用してみることにしました。簡単な入力で複数社に査定依頼をすることができました。正直空き家ははかなりボロボロでしたので売却はできないかと思ったのですが、なんと買取をしてくれる業者が見つかりそこで売却することができました。ちょっとした税金と維持費がかかっていたのがなくなっただけではなくお小遣いまで手に入りすごく満足してます。

空き家売却に関するQ&A

相続放棄した場合、空き家の管理義務はなくなるの?

家庭裁判所で相続放棄の手続きをした場合でも新たに相続人となった者が管理を始めるまでは、管理義務が継続します。ですのでこれらの義務を怠った結果、近隣の住民などに損害を与えてしまった場合には、法的な責任を追及される事があります。

不動産会社に訪問査定を行ってもらう際、準備する物は何?

必須ではないのですが土地や建物の登記簿謄本 公図 測量図 建物の図面 などが必要です。スムーズに正確に査定を行う上で揃えられる範囲でご用意して下さい。

空家の解体にはどのくらいの費用が必要ですか?

一般的に35坪の木造住宅で120万~150万が相場と言われています。もちろん、木造や鉄筋コンクリートといった構造や大きさの違い、傾斜地や道路に接していないなどの立地条件、大型の重機を使用するなど工事の方法などにより異なります。詳しくは専門の解体業者に査定を依頼してみて下さい。

結局いつまでたっても空き家が売却できませんでした…。市に無償で寄付とかできるの?

基本的どこの自治体も不動産の寄付は公には引き受けてないと思います。不動産と言うのは市にとっても固定資産税を通して貴重な税収になりますので、価値のない不動産は引き受けてくれないのは当たり前と言えば当たり前ですよね。ですが明らかに公園にできる用途や防災用具置き場等転用できる場合は例外的に寄付を引き受けている自治体もあるそうです。一度自治体に問い合わせてみると良いと思います。

 

空き家売却まとめ

空き家売却について色々と紹介してきました。空き家はなるべく早く、所有権を明確化すると同時に売却するか賃貸にするか用途を決めた方が良いです。空き地の活用の先伸ばしは、維持費もバカにならない上、資産下落リスクがあります。その他にも保持しているだけで兄弟間でトラブルが起きたり、火事等いろいろ悩みの種にもなりかねません。国も空き家対策に積極的に動いており、譲渡所得に対しての3000万円の軽減措置が2015年からは相続した空き家を売却する際にも条件はありますが適用されるようになりました。まずは空き家を売却すると決めたならどのぐらいの価値が現在あるのか無料査定で調べてみるところから始めてみましょう。最初の一方踏み出さないとどんどん先送りになってしまいます。お勧めの不動産一括査定はこちらです。

\かんたんに自宅のお値段が分かる/
ホーム4U
▼公式サイトはこちら▼